スプレッドが広い通貨に注意|初トレードの注意点

FX初心者入門サイト

FX初心者の初トレードの注意点「スプレッドが広い通貨に注意」の説明です。

スプレッドが広い通貨に注意|初トレードの注意点

FX初心者の心得
初トレードの注意点 余裕資金で投資 リスクは分散させる ルールを決める
分析方法を学ぶ 損小利大を心掛ける 売買記録を付ける とにかく生き残る

スプレッドが広い通貨に注意

通貨ペアの「売値と買値の差」をスプレッドといい、
通貨ペアによってスプレッドの広さが違います。
詳しくは→手数料とスプレッド

FX会社は「取引されることの多い通貨ペア」や「その会社が力を入れている通貨ペア」のスプレッドは狭く設定しています。
「ドル/円」「ユーロ/円」「ポンド/円」 「ユード/ドル」などです。

しかし、スプレッドの狭い通貨ばかりではありません。
レート表示を見るとスプレッドが広い通貨ペアがよくわかります。
「マイナー通貨と呼ばれる取引量の少ない通貨」や
「あまり一般的ではない通貨ペア」などが広いです。

「ドル円のスプレッドは1銭」
「一般的ではない通貨ペアのスプレッドは5銭」などです。

スプレッドの広い通貨で取引するよりも、狭い通貨で取引したほうが有利です。

取引しようとしている通貨ペアのスプレットはどのくらいなのか?
注文を出す前に確認しましょう。

<<初トレードの注意点に戻る

FX初心者の心得
初トレードの注意点 余裕資金で投資 リスクは分散させる ルールを決める
分析方法を学ぶ 損小利大を心掛ける 売買記録を付ける とにかく生き残る

FX初心者入門トップページ

管理人厳選のFX口座

  1. FX初心者入門 >
  2. FX初心者の心得 >
  3. 初トレードの注意点 >
  4. スプレッドが広い通貨に注意
Copyright (C) 2009-2017 FX初心者入門サイト All Rights Reserved.