デイトレード

FX初心者入門サイト

デイトレードはその日のうちに取引を終わらせるスタイルで、
人気の高い短期売買の方法です。

FXデイトレード(短期トレード)について

トレードスタイル
スキャルピング
(超短期)
デイトレード
(短期)
スイングトレード
(中期)
長期トレード

デイトレードとは

新規注文から決済注文までを一日のうちに終わらせる短期トレード手法のことです。
基本的にはポジションを次の日に持ち越すことはありません。
デイトレードでの売買のタイミングは、主にテクニカル分析を使います。
基本的には「順張り」での売買が良いと言われています。
他のトレード方法と比べて売買回数が多いので、
「手数料・スプレッド」の安いFX会社が最適です。

デイトレードのメリット

リスクが限定的である
デイトレードは長くても「数時間のリスク」なので
中〜長期トレードのように「何週間」「何年間」のリスクはありません。
レバレッジを掛けやすい
「ここだ!」と思った時のみトレードすることによって、予測しやすい相場の影響しか受けないのでレバレッジを多少高く設定することができます。
マイナススワップを気にしなくてよい
日をまたいでトレードすることがないのでマイナススワップでも支払うことはないのです。

デイトレードのデメリット

売買コストが掛かる
取引回数が多くなるため、他のスタイルと比べると売買コストが掛かります。
売買コストの安いFX会社選びが大切です。
1取引あたりの利益が小さい
一日の変動幅は限られているので、長期保有のような大きい利益は期待できません。利益が小さい利益を積み重ねるといったトレード方法になります。
プラススワップをもらえない
支払うこともありませんがもらうこともありません。
スワップ狙いのトレードなどを考えているのであればデイトレードではなく長期のスタイルになります。

デイトレードの注意点

デイトレードでは「損切り(ストップロス)」を確実に行うことが重要です。
大きな損失は絶対に避けなければならないのです。
相場が悪い方向に動いた場合「損切り(ストップロス)」を実行します。
原則として持ち越してはいけないのです。
また、デイトレードでは手数料の影響が大きいですが「約定能力」も重視しましょう。
長期トレードに比べて、「1銭、2銭」が大きな意味を持ちます。
デイトレードで十分な利益を上げるためには、
「利益の少なさ」を「資金量」でカバーする必要があります。
「利益の少なさ」を「資金量」「レバレッジ」でカバーする必要があります。

トレードスタイル
スキャルピング
(超短期)
デイトレード
(短期)
スイングトレード
(中期)
長期トレード

FX初心者入門トップページ

管理人厳選のFX口座

  1. FX初心者入門 >
  2. トレードスタイル >
  3. デイトレード
Copyright (C) 2009-2017 FX初心者入門サイト All Rights Reserved.