スイングトレード

FX初心者入門サイト

スイングトレードはデイトレに次ぐ人気スタイルです。
数日から数週間とデイトレに比べると長くポジションを持っているスタイルで
メリットとデメリットがあります。

FXスイングトレード(中期トレード)について

トレードスタイル
スキャルピング
(超短期)
デイトレード
(短期)
スイングトレード
(中期)
長期トレード

スイングトレードとは

数日から数週間の間に取引を終わらせるトレード手法です。
スイングトレードでの取引は、テクニカル分析・ファンダメンタル分析の両方を用いて行います。
主な収益源は、為替レートの変動によるキャピタルゲイン(為替差益)になります。→インカムゲインとキャピタルゲイン
スワップも付きますが、期間が短い為「オマケ」程度に考えましょう。

スイングトレードのメリット

資金効率が良い
短期売買と比べると若干劣りますが、それでも資金効率の良いトレード方法と言えます。
瞬時に判断する必要が無い
デイトレードやスキャルピングのように瞬時に判断してトレードする必要がありません。買いたい価格を予め注文しておいたりと、瞬時の判断よりも分析を重視することができます。
大きなトレンドの流れに乗れる
短期売買では、恩恵を受けることが難しい、日単位、週単位といった長いトレンドを活用することができます。
取れる値幅が大きい
短期売買と比べ「動く値幅が大きい」のでその分利益も大きくなります。
常に取引画面を見ている必要が無い
損切り(ストップロス)の注文さえ出しておけば、
短期トレードのように常に画面を見ている必要はありません。

スイングトレードのデメリット

大きな損失を出す可能性がある
利益が出たら大きい分、損失が出ても大きいです。
「損切り(ストップロス)」を設定していないと痛い目に遭います。

スイングトレードの注意点

短期トレードと「動く値幅」で比較すると、 ハイリスク・ハイリターンな取引といえます。
しっかりとした戦略がないと大きな損をしかねないので注意が必要です。
テクニカルだけでなくファンダメンタルの影響も強く受けます。
経済指標や経済の動向に注意する必要があります。
重要な経済指標

トレードスタイル
スキャルピング
(超短期)
デイトレード
(短期)
スイングトレード
(中期)
長期トレード

FX初心者入門トップページ

管理人厳選のFX口座

  1. FX初心者入門 >
  2. トレードスタイル >
  3. スイングトレード
Copyright (C) 2009-2017 FX初心者入門サイト All Rights Reserved.