長期トレード

FX初心者入門サイト

初心者向け入門知識から実践的知識までご紹介!

FX長期トレードについて

トレードスタイル
スキャルピング
(超短期)
デイトレード
(短期)
スイングトレード
(中期)
長期トレード

長期トレードとは

数ヶ月から数年の間ポジションを持ち続けるトレード手法のことです。
画面に張り付いていなくてもトレードできる手法です。

長期トレードのメリット

スワップ金利重視のトレードができる
プラススワップの通貨を持っていれば、スワップはかなりのものになります。→スワップ(スワップ金利)
常に取引画面を見ている必要が無い
スイングトレード同様、損切り(ストップロス)の注文さえ出しておけば、
短期トレードのように常に画面を見ている必要はありません。

長期トレードのデメリット

保有によるリスクを背負う期間が長い
短期トレードでは考えられない事態に陥ってしまう可能性もあります。
マイナススワップを支払わなければならない
マイナススワップの通貨を持っている場合は、かなりのスワップを支払うことになります。それに見合った相場の変動を予測しているのでしたら問題ありませんが、そうでないならマイナススワップは持たないほうが無難と言えます。
資金効率が悪い
短期売買と比べ、資金効率は悪いです。その分、きっちり分析していれば安定したトレード方法とも言えます。

長期トレードの注意点

FX長期トレードはどのトレード手法よりも「ファンダメンタル」の影響を受けます。
ファンダメンタル分析の知識も持たずに長期トレードは不可能です。
「スワップ金利狙いで長期保有をしよう」と考えているのであれば、
ファンダメンタルの知識を深めることが先決です。
ファンダメンタル

トレードスタイル
スキャルピング
(超短期)
デイトレード
(短期)
スイングトレード
(中期)
長期トレード

FX初心者入門トップページ

管理人厳選のFX口座

  1. FX初心者入門 >
  2. トレードスタイル >
  3. 長期トレード
Copyright (C) 2009-2017 FX初心者入門サイト All Rights Reserved.