ゴールデンクロス・デッドクロス

FX初心者入門サイト

ポピュラーなテクニカルと言えばゴールデンクロス・デッドクロスです。
2本の移動平均線の交わりで「買い」「売り」を判断します。

ゴールデンクロス・デッドクロスについて

テクニカル分析
テクニカルの種類 テクニカル分析の騙し チャート ローソク足
トレンド トレンドライン ブレイクアウト ダブルトップ
ダブルボトム
移動平均線 移動平均線乖離率 ゴールデンクロス
デッドクロス
RSI
ストキャスティクス DMI・ADX ボリンジャーバンド  

ゴールデンクロス・デッドクロスとは

短期の移動平均線と長期の移動平均線の2本の移動平均線が交わった時点のことで「トレンドの転換」になる場合が多く見られます。
平均線には、
短期の移動平均線として「25日移動平均線」
長期の移動平均線として「75日移動平均線」
を使用するのが一般的です。。

ゴールデンクロス

「短期の移動平均線」が「長期の移動平均線」を
下から上に突き抜けた場面です。
一般的に「買い」のサインです。

デッドクロス

「短期の移動平均線」が「長期の移動平均線」を、
上から下に突き抜けた場面です。
一般的に「売り」のサインです。

クロスによるトレンド形成

「ゴールデンクロスが出現」=上昇トレンドを形成する場合が多い。
「デッドクロスが出現」=下降トレンドを形成する場合が多い。
「ゴールデンクロスが出たら買い」「デッドクロスが出たら売り」
といった判断ができます。

注意点

テクニカル分析の騙し」と呼ばれるテクニカルが機能しない時があり、
ゴールデンクロス・デッドクロスにも「騙し」が存在します。
ゴールデンクロスが出現した後下落
デッドクロスが出現した後上昇

このようなことが起きるので過信は禁物。
ゴールデンクロス・デッドクロスのみで売買することは避けたほうが無難です。


ゴールデンクロス・デッドクロスをどのように活用する?

1.どんな場面から「クロス」が出現したのかで判断

「急騰・急落時に出現したのか?」
「ゆるやかなトレンドから出現したのか?」
といった出現した場面によっても信頼性が変わってきます。
急騰・急落時よりもゆるやかなトレンドのほうが信頼性が高いです。
理由は「急騰・急落時」は短期の移動平均線が大幅に上がり下がりし、長期の移動平均線とクロスしやすいことです。
簡単に何度もクロスしていては判断材料になりません。
短期の移動平均線が機能しにくい時は、出現したクロスも機能しにくいと言えます。

2. 他のテクニカル指標と組み合わせて分析する

「一つの判断材料」として見ることが大事です。
他の指標と組み合わせて判断することでより活用できます。

RSI

テクニカル分析
テクニカルの種類 テクニカル分析の騙し チャート ローソク足
トレンド トレンドライン ブレイクアウト ダブルトップ
ダブルボトム
移動平均線 移動平均線乖離率 ゴールデンクロス
デッドクロス
RSI
ストキャスティクス DMI・ADX ボリンジャーバンド  

FX初心者入門トップページ

管理人厳選のFX口座

  1. FX初心者入門 >
  2. テクニカル分析 >
  3. ゴールデンクロス・デッドクロス
Copyright (C) 2009-2017 FX初心者入門サイト All Rights Reserved.