ボリンジャーバンドとは?

FX初心者入門サイト

ボリンジャーバンドは買われすぎ・売られすぎ・トレンドの転機点などの判断に用いられます。移動平均線と別に±1〜3の「σ」をチャートに表示して判断します。為替レートは「±2σ内」に約95%の確率で収まり、「±3σ内」に99%で収まると統計が出ています。

ボリンジャーバンド

テクニカル分析
テクニカルの種類 テクニカル分析の騙し チャート ローソク足
トレンド トレンドライン ブレイクアウト ダブルトップ
ダブルボトム
移動平均線 移動平均線乖離率 ゴールデンクロス
デッドクロス
RSI
ストキャスティクス DMI・ADX ボリンジャーバンド  

ボリンジャーバンドとは?

「買われすぎか」「売られすぎか」の判断や
トレンドの転換点の判断に用いられるテクニカル指標です。

移動平均線とその標準偏差(±1σ±2σ±3σ)を使用します。
※(「σ」 = シグマ といいます。)ボリンジャーバンド図+1σ+2σ+3σと数字が大きくなるほど「買われすぎ」
−1σ−2σ−3σと数字が大きくなるほど「売られすぎ」
と判断できます。
標準偏差プラスマイナス±1σ標準偏差プラスマイナス±3σ
為替レートが 収まる確率は下記のようになります。

為替レートがボリンジャーバンド内に収まる確率
為替レートが「プラスマイナス±1σ」内に収まる確率 約68%
為替レートが「プラスマイナス±2σ」内に収まる確率 約95%
為替レートが「プラスマイナス±3σ」内に収まる確率 約99%
ボリンジャーバンド±3σ内に95%の確率で収まる計算になるので
これをトレードの判断に用いることができます。

ボリンジャーバンドでの「逆張り」手法

ボリンジャーバンドを用いた逆張り手法としては
−2σに近づく(超えた)場合「買い」と判断
+2σに近づく(超えた)場合「売り」と判断
このようなトレード手法が考えられます。
分かりやすくする為表示は±2σのみです。ボリンジャーバンド逆張り

ボリンジャーバンドの収束に注意!

ボリンジャーバンドの幅は「広くなったり狭くなったり」します。
基本的にボックス相場と呼ばれる「相場に方向性がない期間」が長いと幅が狭くなります。
狭く収束している場合は注意が必要です!
ボリンジャーバンドが収束している場合、バンドの上限・下限のどちらかに近づく(超える)と、その方向に強いトレンドが出ることが多いからです。
ボリンジャーバンドはトレンド・方向性が強い場合「上限・下限」に沿って推移するので逆張りは控え、順張りでのトレードを考えたほうが良いです。ボリンジャーバンド収束

ボリンジャーバンドのまとめ

−2σに近づく(超えた)場合「買い」と判断できる
+2σに近づく(超えた)場合「売り」と判断できる
・ボリンジャーバンドの幅が狭くなっている場合は逆張りでのトレードは控え、順張りでのトレードを考える

テクニカル分析
テクニカルの種類 テクニカル分析の騙し チャート ローソク足
トレンド トレンドライン ブレイクアウト ダブルトップ
ダブルボトム
移動平均線 移動平均線乖離率 ゴールデンクロス
デッドクロス
RSI
ストキャスティクス DMI・ADX ボリンジャーバンド  

FX初心者入門トップページ

管理人厳選のFX口座

  1. FX初心者入門 >
  2. テクニカル分析 >
  3. ボリンジャーバンド
Copyright (C) 2009-2017 FX初心者入門サイト All Rights Reserved.