FXポジションについて

FX初心者入門サイト

ポジションとは今現在持っている枚数のことを言います。
初心者のうちはポジションを大きく持ちすぎることもあるので注意しましょう。

FXポジション

FX会社比較
FX会社比較ポイント 信頼性 手数料とスプレッド ポジション
レバレッジ 注文方法・取引画面 スワップポイント 取り扱い通貨ペア
約定能力 相対取引 口座を使い分ける キャッシュバック活用
1000通貨で取引      

ポジションとは

「今どのくらい買っているのか?」
「今どのくらい売っているのか?」

の保有中の通貨のことです。

買っても、売っても「ポジションを持っている」

買いからでも売りからでも「ポジションを持っている」と言います。
通貨を買っている場合 = 「買いホジションを持っている」
通貨を売っている場合 = 「売りポジションを持っている」

決済してはじめて「ポジション」が無くなります。

ポジションの大きさが重要

FXでは「ポジションの大きさ」が重要になってきます。
資金管理は初心者のうちは難しく、ポジションを大きく持ちすぎて破産するような例もあります。
そのようなことを避ける為に初心者のうちは
「最低取引単位での売買が一番良い」と言われています。

最低取引単位での売買

最低通貨単位というのは、
名前の通り通貨を売買するときの最低の単位です。
FXでの最低通貨単位は、基本的は1万通貨単位となっています。
1ドル=100円で計算すると・・・
1万ドルを購入する場合、
レバレッジ1倍で100万円が必要です。
レバレッジ10倍だと10万円必要になります。
初心者がいきなり大きな資金で取引するのは極めて危険です。
慣れるまで少額を心がけ、慣れてから徐々に増やすのが望ましいです。
最近では1万通貨ではなく100通貨・1000通貨で取引できる会社も増えています。
最低取引単位で取引することはリスク面では最適です。
ただし会社によっては「1000通貨単位での取引は手数料が割高」の場合もあるで注意が必要です。
管理人が良い思う1000通貨単位で取引できる会社はFXブロードネット
信託保全採用で「手数料無料」「スプレットも0.5銭」と優秀です。
1万通貨との取引と比べても割高にはなっていません。
「1000通貨でスプレッドも狭い」初心者に最適な条件です。
FXブロードネット

取り扱いレバレッジ

FX会社比較
FX会社比較ポイント 信頼性 手数料とスプレッド ポジション
レバレッジ 注文方法・取引画面 スワップポイント 取り扱い通貨ペア
約定能力 相対取引 口座を使い分ける キャッシュバック活用
1000通貨で取引      

FX初心者入門トップページ

管理人厳選のFX口座

  1. FX初心者入門 >
  2. FX会社比較 >
  3. ポジション
Copyright (C) 2009-2017 FX初心者入門サイト All Rights Reserved.