レバレッジとは?

FX初心者入門サイト

レバレッジとは資金の何倍までの取引が可能かということです。
現在国内では、規制の為「最大50倍」と定められているので比較のポイントとしては薄れてきています。

FXのレバレッジ

FX会社比較
FX会社比較ポイント 信頼性 手数料とスプレッド ポジション
レバレッジ 注文方法・取引画面 スワップポイント 取り扱い通貨ペア
約定能力 相対取引 口座を使い分ける キャッシュバック活用
1000通貨で取引      

レバレッジとは?

FXの最大の魅力とも言えるのが、「レバレッジ」というシステムです。
レバレッジとは、テコの原理のことで、レバレッジを使えば、実際の資金の何倍、時には何十倍・何百倍といった資金でトレードすることが可能なのです。
1ドル=100円計算で
100万円で1万ドルを購入した場合、レバレッジは1倍になります。
100万円で5万ドルを購入した場合、レバレッジは5倍になります。
100万円で100万ドルを購入した場合、レバレッジは100倍になります。
※現在国内での最大レバレッジは50倍です。
レバレッジはリスクも伴うことを忘れてはいけません。
高レバレッジを設定するとその分リスクも増え、
ハイリスク・ハイリターンな取引になってしまいます。
初心者に多く見られるのが、経験の浅いうちにハイリスク・ハイリターンな取引をしてしまい資産を失って撤退というパターンです。
リスク面には常に気を配り、ギャンブルのようなハイリスク・ハイリターン取引には手を出さないようにしましょう。

レバレッジは「1つの要因」程度に

会社比較としては一つの要因程度に考えてもらえればよいでしょう。
ある程度、幅広く・細かく設定できれば問題ありません。
現在国内では規制により最大レバレッジが50倍と定められているので
会社による差もほとんど無くなって来ています。

レバレッジの適正

何倍が適正?

低く設定すると思ったような利益が出にくい・・・
高く設定すると危険性が高い・・・
低レバレッジ = ローリスク・ローリターン
高レバレッジ = ハイリスク・ハイリターン
それでは何倍に設定するのが適切なのでしょうか?
一般的には、3倍〜5倍前後と言われています。
10倍〜となってくるとかなりハイリスクと言えるからです。
「トレードスタイル」や「通貨ペア」によっても適正は違います。
長期のトレードスタイルほど動く値幅も大きくなるのでレバレッジは低めに設定しましょう。
通貨ペアでは「価格変動の激しい通貨」になるほどレバレッジは低めに設定しましょう。

初心者は「リターン」よりも「リスク」に備えよう

FXを始めて間もない方は、利益面に目が行ってしまい当たり前に数十倍といったレバレッジで取引していたりしますが、利益面とリスク面の両方を考えて適正レバレッジを設定することが大切です。

スワップ金利で考えるレバレッジ

レバレッジを利かせた場合のスワップ金利を考えてみましょう。
年利5%の金利通貨 100万円で投資した場合、
・ レバレッジ1倍  = 年間5万円のスワップ金利
・ レバレッジ5倍  = 年間25万円のスワップ金利
・ レバレッジ10倍 = 年間50万円のスワップ金利
・ レバレッジ100倍= 年間500万円のスワップ金利
以上のような計算になります。
※現在国内での最大レバレッジは50倍です。
複利で計算すると若干数字が異なります。
レバレッジ100倍の場合、すごいスワップ金利ですが、一瞬で資産を失うリスクも伴っていることを忘れてはいけません。

注文方法・取引画面

FX会社比較
FX会社比較ポイント 信頼性 手数料とスプレッド ポジション
レバレッジ 注文方法・取引画面 スワップポイント 取り扱い通貨ペア
約定能力 相対取引 口座を使い分ける キャッシュバック活用
1000通貨で取引      

FX初心者入門トップページ

管理人厳選のFX口座

  1. FX初心者入門 >
  2. FX会社比較 >
  3. レバレッジ
Copyright (C) 2009-2017 FX初心者入門サイト All Rights Reserved.